1月 14, 2014 at 11:00 PM • Posted in 未分類妊娠してからの入院はとても不安だった はコメントを受け付けていません。

妊娠している時、後期になってからいきなり血圧が高くなりました。それから自宅で血圧を測ることになって、年末、お正月明けてから病院に行きました。そしたらすぐに入院と言われました。

はじめての妊娠だったので、とても驚いたことを今でも覚えています。妊娠高血圧症になったので、安静にしていました。食事も薄味でした。

一緒の部屋の人も同じ妊婦さんだったので色々な話をしながら一日を過ごしていました。看護師さん、先生も親身になって色々な話をしてくれました。

結局個人病院だった為、血圧も下がらず母子ともに危険な状態になってしまったので、総合病院に転移しました。緊急帝王切開で無事に赤ちゃんを出産しました。

個人病院とは違って、看護師さんや先生の雰囲気は違っていたように感じます。先生も若い担当医だったので、とても緊張しました。

個人病院から総合病院に転移して、すぐに赤ちゃんを産むのにはとても不安を感じました。右も左もわからないまま何が起きているのかわからずに涙をしたのを覚えています。

Sorry, comments are closed.