やっぱりイメージは白衣の天使、なので。。

1月 23, 2014 at 2:36 PM • Posted in 未分類やっぱりイメージは白衣の天使、なので。。 はコメントを受け付けていません。

私は病院はちょっとこわいところ、というイメージがあります。
病気かどうかドキドキしつつ、痛いかどうかドキドキしつつ、なのでお医者さんの前では緊張しています。
特に胃カメラの検査などのとき、お医者さんも頑張ってくれているんだから私も頑張らないと、と思いお医者さんには決して甘えたり弱音を吐けない雰囲気があります。
でも、そこに必ずついていてくれる看護師さん。

私は年上、年下問わず、思わず弱音を言ったりしてしまいます。
そして、一番うれしかったのは胃カメラをやってる私の背中をずっと撫でていてくれたことです。
あの手のぬくもりは忘れられません。
看護師さんってやっぱりすごいな、と思う出来事でした。

あと、出産のときはもう本当に天使だと思いました。
あの壮絶な痛みの中、やさしくしてくれ、励ましてくれ、絶対看護師さんの力はすごいと思います。
されて嫌だったこと、37年生きてきましたがあまり思いつきません。
あ、注射が下手で何度も刺されて痛かったのは辛かったです。。

でも、幸せなことにキツイ言葉を言われたとかないのでこれからもいい看護師さんに出会えますように、と思っています。
病気のときには本当に大切な存在だと思います。

妊娠してからの入院はとても不安だった

1月 14, 2014 at 11:00 PM • Posted in 未分類妊娠してからの入院はとても不安だった はコメントを受け付けていません。

妊娠している時、後期になってからいきなり血圧が高くなりました。それから自宅で血圧を測ることになって、年末、お正月明けてから病院に行きました。そしたらすぐに入院と言われました。

はじめての妊娠だったので、とても驚いたことを今でも覚えています。妊娠高血圧症になったので、安静にしていました。食事も薄味でした。

一緒の部屋の人も同じ妊婦さんだったので色々な話をしながら一日を過ごしていました。看護師さん、先生も親身になって色々な話をしてくれました。

結局個人病院だった為、血圧も下がらず母子ともに危険な状態になってしまったので、総合病院に転移しました。緊急帝王切開で無事に赤ちゃんを出産しました。

個人病院とは違って、看護師さんや先生の雰囲気は違っていたように感じます。先生も若い担当医だったので、とても緊張しました。

個人病院から総合病院に転移して、すぐに赤ちゃんを産むのにはとても不安を感じました。右も左もわからないまま何が起きているのかわからずに涙をしたのを覚えています。